エルサルバドル、3日目

2009年11月7日 国立考古学博物館のホールにて
11時〜13時の2時間
ラジオ番組「アニメロック」公開生放送です。

この日も雨でしたが、
アニメファンばかりではなく、クッシーを知らない人も
たくさんの人が集まって下さいました!
おばあちゃんと孫、親子連れ・・
ムーチャス グラシアス!
b0148245_22313897.jpg

b0148245_2232761.jpg


番組では クッシーの生歌に加え
客席からの質問コーナーや クッシー・クイズコーナー、
現地バンド KAMIKAZEの演奏
(なんと!「カラス天狗カブト」を演奏してくれました!
 なんで知ってるの??)
お客さんからのリクエストでクッシーがドラム弾き語り?!など
盛りだくさんでした!

大雨の影響で来場できなかった方からも、後日 大使館宛に
「家のラジオでクッシーの歌声を聴けただけでも良かった」という
メッセージが届いたそうです。

b0148245_2232298.jpg

客席で歌うクッシー!
b0148245_22324225.jpg

サイン会。
この青年は、収録のとき日本語で質問してくれました。
アニメを通じて日本を知り、日本を好きになって
日本語を勉強してる若い人が
世界中にたーーくさんいます!
b0148245_22325811.jpg

ラジオのDJ、マリオさん(右から2人目)ひきいる
バンド、KAMIKAZEのメンバーと。

ラジオ出演を終えて大使館員さんたちと
中華料理やさんへ。ここにも!クッシーをみつけました。
b0148245_15534067.jpg


大使館主催の日本文化を普及するイベントのポスター。
このお店の台湾人のご主人の小さい坊やが 
このポスターのクッシーを真似するんです。
かわいかった〜。

さあ!いよいよラスト・ミッション!
ラジオ「Femenino」出演。
若いスタッフと 和気あいあい♪
b0148245_15541100.jpg

感謝状をいただきました〜〜!
b0148245_15541422.jpg


移動の時に
「何かスペイン語のポピュラーソングを歌いたい」
と言ったクッシー。
運転手さんが「"ププサの歌"があるよ!」
そう、前の日スタジオで食べた エルサルの大衆食。
帰国後 大使館員さんがいろいろ調べて
さっそく送って下さいました!どうもありがとう!

クッシー、歌を覚える前に 
まず 作って食べてみるそうです。

楽しい思い出がいっぱいのエルサルバドル、
どうもありがとうございました!

夜は雨がさらにさらに激しくなり・・
翌日はあがりましたが 空港への一本道では
崖がくずれて車線が規制されている箇所がたくさんありました。
この雨、ハリケーン・アイダによる被害は甚大で
エルサルバドルでは140人を超える人が犠牲になったと
帰国後に聞きました。


今回の4カ国公演「Somos UNO ぼくらはひとつ」は
国際交流基金の主催 
在グアテマラ、パナマ、コスタリカ、エルサルバドルの日本大使館の企画・協力
そして串田アキラの「行かなければ始まらない」という言葉によって実現しました。

初めての国、初めて会う人たちの笑顔で、歌で
まさに ぼくらはひとつになれること、
ぼくらはひとつであることを実感しました。

レポートの終了まで2ヶ月もかかってしまいましたが
最後までお付き合い頂きどうもありがとうございました!
             by スノーキー


国際交流基金
[PR]
by yorochiwa | 2010-01-26 17:34 | 中米公演2009★レポ
<< 神魂合体! エルサルバドル >>